ゴルフ練習場のフランチャイズビジネス!魅力やメリット

 

ゴルフ練習場のフランチャイズ

ゴルフは爽快感を楽しめるスポーツとして人気があり、連日多くの人がゴルフ場や打ちっぱなしに足を運んでいます。

広大な土地を持っている人はゴルフ練習場経営に挑戦する人も多いですが、個人のゴルフ場経営を行う人もいれば、フランチャイズ経営を行う人もいます。

もちろん個人のゴルフ練習場経営とフランチャイズ経営では魅力が異なり、初めて経営を行う場合はフランチャイズ経営から挑戦してみるのがおすすめです。

ゴルフ場のフランチャイズビジネスはどのようなメリット・特徴があるのか、強みを含めて解説をしていきます。

ゴルフ練習場のフランチャイズビジネスは4種類に分かれる

ゴルフ練習場のフランチャイズビジネスは4種類

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営に挑戦しようと考えている場合、下記の4つの方法があることを知っておきます。

  • ゴルフの練習場&コース付きタイプ
  • ゴルフ場インショップタイプ
  • 独立開業タイプ
  • ロードサイドタイプ

それぞれの種類について詳しく解説を行っていきますので、フランチャイズビジネスに挑戦しようと考えている人は参考にしてみてください。

ゴルフの練習場&コース付きタイプ

ゴルフ練習場を経営したいと考えている場合、人によってイメージが異なりますが、練習場とコースがセットになっているところが多いです。

実際にコースに出て挑戦することによって、練習した成果を試すことができます。

コース付きのゴルフ練習場を経営したい場合は広大な土地・スペースが必要になるため、ある程度の資金も必要です。

しかし、コースと練習場がセットになっていると本格的なゴルフに挑戦できるため、多くの人が足を運びやすいという魅力があります。

フランチャイズの中ではまだ比較的少ないタイプになるため、他との差別化が行いやすいといっても過言ではありません。

ゴルフ練習場インショップタイプ

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営の中でも最も多いのが、ゴルフ練習場にショップが入っているインショップタイプです。

言葉からもわかりやすいように、ゴルフクラブやグローブなど自分に合った道具を購入することができます。

ショップが合わさっているため、来場者が増えやすい上に、スペースをしっかりと活用できるため、効率よく収益を得ることができやすいです。

他にもショップの内容によって、他のゴルフ練習場との差別化ができるため、利益を重点的に考えたい場合におすすめします。

独立開業タイプ

ゴルフ練習場のフランチャイズの中でも低投資でビジネスを始めやすいのが独立開業タイプで、地元でゴルフショップ経営を行いたいと考えている人に向いています。

小さいスペースでゴルフ練習場を開業したい人や、少人数で経営を行いたいと考えている場合におすすめです。

フランチャイズ経営から独立を考えている場合に行いやすく、実践に近い経営を行いたいと考えている人は独立開業タイプのフランチャイズ経営を視野に入れましょう

ロードサイドタイプ

ロードサイドタイプはゴルフ練習場の中でもアクセスのしやすさに優れており、多店舗展開も可能なスタイルです。

不況にも強いビジネスを行いたいと考えている人におすすめで、道路側に面しているため、従業員も通勤がしやすいという点が魅力として挙げられます。

ロードサイドタイプの場合は既に道路に面した土地を持っている場合が好ましく、道路に面した土地を持っていない場合は雇われでフランチャイズビジネスに挑戦するか、莫大な費用を払った上で始める必要があります。

ゴルフ練習場のフランチャイズビジネスならではの魅力・メリット

ゴルフ練習場ビジネス

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営は多くの種類がありますが、フランチャイズビジネスならではの魅力・メリットが6つ存在します。

  • 設備や道具が充実している
  • 本部からのサポートを受けやすい
  • インターネットを利用したシステムが活用できる
  • 宣伝費用・集客に困りにくい
  • 経営の知識・実績を持ったうえで独立開業もできる
  • 比較的安定した収益を出しやすい

上記の魅力について詳しく解説を行っていきますので、フランチャイズビジネスが気になっている人は参考にしてみてください。

設備や道具が充実している

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営ではどのような設備・道具を用意しておくと順調に経営ができるかわかっているため、事前準備をしっかりと行うことができます。

道具や設備が充実している状態だと、個人で経営しているゴルフ練習場と比べても魅力的に感じてもらいやすい上に、充実したお店だとわかってもらい、多くの人に足を運んでもらいやすいです。

満足度が高いお店造りを行いたいと考えている場合はフランチャイズ経営を行うのをおすすめします。

本部からのサポートを受けやすい

他にもフランチャイズ経営の魅力では、本部からの丁寧なサポートを受けることができ、経営が初めてな人でも経営したことがあるような運営が可能です。

フランチャイズの場合はしっかりとマニュアル化が行われていることが多く、マニュアルに沿って経営を行うだけで大きく赤字になってしまうことを防ぐことができます。

もちろんマニュアル通りにやったから必ず赤字にならないというわけではありませんが、丁寧なサポートを受けることができ、事前にどこが悪いのか指導が入るため、経営のノウハウを学べます

経営実績を積むことができるため、経営について学びたい・実績を積みたいと考えている人にもおすすめです。

インターネットを利用したシステムが活用できる

他にもフランチャイズによっては道具・設備の在庫状況を共有するシステムを導入しているところもあります。

インターネットを利用した共有システムは全国各地の在庫状況を把握しやすく、不足している際には在庫が多いところから仕入れることも可能です。

常に在庫が不足していない状況を作ることによって、顧客に安心感を与えることができます。

個人ではこのような情報共有システムを活用できない上に、在庫管理により一層意識を向けて経営を行う必要があるため、在庫管理のしやすさもフランチャイズ経営の大きな魅力といっても過言ではありません。

宣伝費用・集客に困りにくい

フランチャイズ経営の場合は、宣伝費用や集客において困りにくいという点もフランチャイズ経営の強みです。

個人であれば集客を行うために、広告宣伝を行うことも必要ですが、フランチャイズであればすでに知名度が高いため、広告宣伝を行わなくても集客を行うことができます。

ゴルフ練習場の経営を行う上で悩みを抱えやすい部分はやはり集客であることが多いです。

集客をしっかりと行うことができるため、経営難に悩むことが少ないという点も魅力として挙げられます。

経営の知識・実績を持ったうえで独立開業もできる

他にもフランチャイズの場合は、独立開業を行うことが許されていることが多く、経営知識や実績を持ったまま個人経営に移ることも可能です。

特に同じ業界での経営の知識・実績を積むことができるため、個人経営を行った際にもそのままノウハウを活かした経営ができます

独立開業をしたいと考えている場合は、フランチャイズは経験値を貯めることができる大きな手段としてもおすすめです。

比較的安定した収益を出しやすい

さらに、ゴルフ練習場をフランチャイズで経営する場合、安定した収益を出しやすいという点でも人気があります。

フランチャイズの場合は既に知名度が高いため、ある程度の集客が見込める上に、売り上げを出すための経営マニュアルが作られているので、黒字を作りやすいです。

実際に黒字営業の経験をすることによって、どのようにしたら黒字になりやすいのかメカニズムを知れます

安定した収益を出しやすいという点もフランチャイズの魅力です。

ゴルフ練習場のフランチャイズビジネスで気を付けたいポイント

ゴルフ場経営で気をつけたいポイント

フランチャイズ経営を行う際には、下記の3つが気を付けたいポイントになります。

  • イメージがあるため自由な経営ができない
  • ロイヤリティの支払いが必要
  • トラブルが0ではない

それぞれのポイントについて詳しく解説をしていきますので、参考にしてみてください。

イメージがあるため自由な経営ができない

フランチャイズ経営の場合は何度も触れているように、企業のイメージが強いため、イメージにそぐわない経営を行っていると一度きりの来客で、次に足を運んでもらえない可能性が高いです。

期待度が高い状態で足を運んでもらえるため、集客を行いやすいのですが、自由な経営を行いたいと考えている人にはやや不向きです。

企業イメージとは異なる経営を行うと、本部から指摘を受けるだけでなく、最悪のケースでは訴訟問題にまで発展するため、気を付けるようにしましょう。

 

ロイヤリティの支払いが必要

さらにゴルフ練習場のフランチャイズ経営だけに限った話ではありませんが、ロイヤリティの支払いも必須です。

ロイヤリティとは特許権や商標権に対して支払う費用で、毎月支払う必要があるため固定費として考える必要があります

個人営業の場合はそのまま収益を売り上げに回すことができますが、フランチャイズの場合は売り上げからさらにロイヤリティの支払いがあるため、より多くの売り上げを出さないといけないことを考えておきましょう。

一例として挙げると、ゴルフパートナーのロイヤリティは55万円なので、それ以上の収益を出さなければ赤字になります。

トラブルが0ではない

フランチャイズ経営の場合はトラブルが出てしまうこともあります。

というのも、フランチャイズは経営を初めての人でも挑戦できますが、全ての権利が移るわけではありません。

そのため、契約違反行動を行っている場合はもめ事に発展し、最悪の場合は訴えられてしまうケースもあります。

フランチャイズの場合は契約する際にどのような行動が違反になるのかを調べるようにしましょう。

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営のやり方

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営のやり方

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営を行う手順としては、下記の6ステップがやり方になります。

  1. 説明会を受ける
  2. 担当者に連絡を入れて相談を行う
  3. 綿密な打ち合わせを行う
  4. 契約
  5. 準備
  6. フランチャイズビジネスを始める

それぞれのやり方について解説をしていきますので、参考にしてみてください。

 

説明会を受ける

まずは気になるフランチャイズに関する説明会を受けるようにしましょう。

企業ごとに説明会が存在し、具体的にフランチャイズとはどのようなものなのか、契約する際の流れや内部の仕組みなどの説明を行ってくれます

さらに、説明会の際に質問に応じてくれるため、自分の中の疑問を解消しやすいです。

フランチャイズ経営を行いたいと考えている場合は、まず説明会に参加をしてどのような感じなのかイメージを掴むようにしましょう。

担当者に連絡を入れて相談を行う

説明会が終わった後にその場にいる企業の採用担当者と連絡を取る方法もありますが、説明会の後に人事担当者に連絡を入れる方法も挙げられます。

人事担当者に連絡を入れることによって、お互いの都合の合う時間に面談を行う日付設定を行ってくれます。

面談をした際には再度フランチャイズの仕組みについての説明を聞くことが可能です。

自分の抱いている疑問についてはこの時になるべく聞いておくようにしましょう。

綿密な打ち合わせを行う

 実際にゴルフ練習場のフランチャイズ契約を行おうと考えている場合は綿密な打ち合わせが行われるようになります。

当然、契約するとなっても契約書にサインをしてすぐに経営が始まるというわけではありません。

具体的なマニュアルやシステムの勉強会があり、入念な打ち合わせ・研修を行った上で契約の手続きに進みます

経営に失敗しないためにも、打ち合わせはしっかりと行うようにしましょう。

契約

研修や綿密な打ち合わせを行った後は、いよいよ契約に移ります。

契約の際には住民票の提出や実印・身分証明書が必要ですが、フランチャイズ契約を行う企業によって必要書類が変わります

契約をしたいと考えている際には、ドタバタしないように、必要な物を確認して契約の日を待つようにしましょう。

 

準備

契約をおこなった後はいよいよ開業を行うための準備に移ります。

最初は本部のメンバーが従業員として来てくれる可能性も高いですが、他にも人員が必要になるため、従業員の雇用や開業のための研修・仕入れなどが必要です。

開業当日にドタバタしないように、余裕を持ったスケジューリングで行動するようにしましょう。

フランチャイズビジネスを始める

開業準備ができた後はいよいよフランチャイズビジネスの始まりです。

開業の際には話題性から多くの人が足を運びやすいですが、集客を行うための最大のアピールチャンスといっても過言ではありません。

最初に足を運んでくれた際に、好印象を与えることによって、次も期待という印象付けることができます。

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営を成功させるためにも、開業してから1週間の間は気を抜かずにしっかりと対応するようにしましょう。

まとめ

ゴルフスクールフランチャイズビジネスまとめ

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営について解説をしましたが、フランチャイズならではの魅力がたくさんあり、将来的にも独立をしたいと考えている人におすすめです。

経営ノウハウを学べるだけでなく、実際にゴルフ練習場にはどのような人が足を運んでくるのかといった状況を知ることができます。

多くの経験を積むことができるため、独立を考えている人やゴルフ練習場の経営をしてみたいと人はフランチャイズ経営にも注目してみましょう。

Copyright© わたしのゴルフ 2021 All Rights Reserved.