ゴルフを仕事にしたい人必見!フランチャイズで始めるインドアゴルフスクールTOPIC

ゴルフを仕事にしたい人必見!フランチャイズで始めるインドアゴルフスクール

「好きなゴルフでビジネスを始めたい」と考えることはありませんか。
ゴルフ業界未経験でも、ゴルフに関わるビジネスが始められます。
専門知識や経験不足に不安があるなら、ゴルフのフランチャイズビジネスを検討してみるのがおすすめです。
「フランチャイズビジネスは何だか不安……」、「ゴルフ業界に将来性はあるの?」と心配ですよね。
この記事では、ゴルフのフランチャイズビジネスの種類や、ゴルフ業界の今後や急成長しているインドアゴルフスクールについて解説しています。

また、インドアゴルフスクールをフランチャイズ経営するメリットやデメリットも紹介し、「わたしのゴルフ」のフランチャイズオーナーをおすすめする理由も丁寧に説明します。

ゴルフのフランチャイズビジネスとは

ゴルフ業界が未経験の人や経営が初めての人にとって、一からゴルフビジネスを始めることは難しいもの。
その事業ですでに成功しノウハウやビジネスモデルを持つフランチャイズのもとで、ゴルフビジネスをスタートさせることも検討の一つです。
なぜなら、ゴルフビジネスは、誰でも始めることができる業種とは言えないからです。
ゴルフコーチのように技術を持った人材が必要だったり、開業資金が高額だったりします。

ゴルフのフランチャイズビジネスには、下の4種類があります。

  • ゴルフスクール(屋外)
  • インドアゴルフスクール
  • ゴルフ用品ショップ
  • ゴルフ練習場

それでは、1つずつ紹介します。

ゴルフスクール(屋外)

すでに屋外のゴルフ練習施設を持っている人や、ゴルフコーチをしている人が中心です。
練習施設も準備してとなると、開業資金が高額になります。
一から始める人ではなく、すでにゴルフビジネスをしている人がより収益を上げるため加盟しています。

インドアゴルフスクール

雨の日も、暑い日も寒い日も、天気でも気にせず通える全天候型の室内ゴルフ施設です。

インドアゴルフには、下の3つのタイプがあります。

  1. ゴルフスクールタイプ
  2. ゴルフ練習場タイプ
  3. 1と2を組み合わせたタイプ

コーチがいる時間はレッスンをし、コーチ不在の時間帯は無人営業の練習場として営業します。
屋外施設より小規模のため、開業費用も抑えられる場合が多いのも特徴です。

ゴルフ用品ショップ

ゴルフのフランチャイズビジネスの中で、一番身近でイメージしやすい人も多いでしょう。
ゴルフクラブやゴルフ用品を扱うショップです。
フランチャイズに加盟することで、商品の仕入れや広告宣伝といった未経験者には難しいことも、提供してもらえます。

ゴルフ練習場

広い土地が必要なため、他のビジネスモデルと比較すると開業資金が高額になります。
フランチャイズビジネスとしても少ない状況です。
コース付き練習場は資金に余裕があり、他との差別化を図りたい人には検討する価値があります。

ゴルフのフランチャイズビジネスの将来性

ゴルフは若年層のプレー人口が増えてきており、今後の伸びが期待できます。
また、インドアゴルフスクールは成長分野で、利用者もフランチャイズ事業者も増加中。
ゴルフのフランチャイズビジネスは、今後も成長が見込めます。

ゴルフ業界の現状

ゴルフはプレー人口が減少し、市場も縮小しているといわれてきました。
しかし、コロナ禍で人気が再燃。
3密をさけられる屋外のスポーツとして、人とつながれる場所として、ゴルフにもゴルフ場にも注目が集まりました。
その人気は、まだ続くと考えられており、その理由として、ゴルフを楽しむ20代の増加があげられています。

20代に人気の理由

20代にとって、ゴルフは友人や家族と一緒に楽しめるスポーツであり、レジャーです。
他の世代と比べ、男性だけでなく女性のプレー人口が多いのも特徴。
インスタグラムには楽しそうなゴルフ場での様子も多く投稿され、ゴルコン(ゴルフ場合コン)が行われるなど、ライフスタイルの一部になりつつあります。
20代のゴルフ人気は、ゴルフ市場の成長を長く支えてくれます。

成長分野はインドアゴルフスクール

ゴルフのフランチャイズビジネスの中で、インドアゴルフスクールが急成長しています。
その理由として、コロナ禍と20代のゴルフ人気により、これまでゴルフをしたことがない層に、ゴルフが広がったことがあげられます。
初心者が、すぐにゴルフ場やゴルフ練習場(打ちっぱなし)に行くことは勇気が必要です。
そのため、小規模で気軽に練習できるインドアゴルフスクールに通う人が増えているのです。

インドアゴルフスクールが成長する理由

インドアゴルフスクールは、予約をするとコーチレッスンが受けられます。
初心者にとって、独学で練習するよりも、しっかりと教えてもらえるため上達は格段に早くなります。
また、クラブなどのゴルフ用品をレンタルできるところが多く、仕事終わりなどいつでも通える点もポイントです。
コーチのレッスンを手軽に受けられることがインドアゴルフスクールの大きな魅力です。

インドアゴルフスクールをフランチャイズ経営するメリット

インドアゴルフスクールを経営したいと考えても、ゴルフ業界未経験では試行錯誤の連続になり、業績を早期に安定させることは難しいでしょう。
しかし、フランチャイズ本部には、すでに試行錯誤し成功したノウハウがあります。
インドアゴルフスクールの開業から運営についてもサポートをしてもらえます。

経験不足や専門知識に不安がある人にとって、フランチャイズ経営のメリットは大きなものです。

ノウハウや知名度の高さを生かしたスムーズな開業

インドアゴルフスクールの開業には多くのハードルがあり、スムーズな開業にはサポートが欠かせません。
集客に大きな影響のある不動産の選定や、必要となる設備やマシンも専門知識や経験が必要です。
また、フランチャイズのブランドの力は、開業時の集客にも大きく影響します。

慣れないゴルフ業界でも、フランチャイズ本部のサポートによりスムーズに開業できます。

オープン後にも手厚いサポート

開業時だけでなく、その後もきめ細かいサポートが受けられることもフランチャイズのメリットです。
集客のための広告宣伝や、コーチなどの人材の確保などオーナーには多くの業務があります。
それを代わりに行ったり、販促グッズなどを手配してくれたりするからです。
予約管理など個人では大きな負担となるWebシステムの導入も、フランチャイズなら提供してもらえます。
サポートがあれば、オーナー業務に追われることなく、効率的に経営することが可能です。

開業資金の準備が個人事業よりも容易

インドアゴルフスクールの開業には、開業資金の準備が大きなかぎとなります。
ブースの数やマシンにより大きく異なりますが、初期費用として、2,000万円以上かかるところが多いのです。
他にも、不動産取得費用がかかる場合もあります。
開業資金として融資を受けたい場合、詳細な事業計画が求められます。
そのサポートもあり、経験の不足をフランチャイズ本部の豊富な経験で補うこともできるのです。
開業資金に融資を考えている場合は、フランチャイズでの開業が有利です。

収益の上がりやすいノウハウとビジネスモデル

フランチャイズ経営では、月々の黒字化と初期投資の早期回収が望めます。
その理由は、フランチャイズ本部の持つ集客やマーケティングのノウハウ、安定運営のためのビジネスモデルがあるからです。
オープン当初から一気に顧客を増やし軌道にのせ、その後も本部からの定期的な訪問サポートなどでさらなる収益化を目指せます。
ゴルフビジネスの経験が少なくても、収益化がはかれます。

インドアゴルフスクールをフランチャイズ経営するデメリット

メリットも多いフランチャイズビジネスですが、デメリットもあります。
デメリットは、オーナーの経営に対する考え方、フランチャイズ本部との関係性、費用面の負担感により強く表れます。
どれも検討する段階で、調べたり確認したりすることでミスマッチを防げます。
インドアゴルフスクールのフランチャイズビジネスは大きな投資です。
しっかりと検討しましょう。

フランチャイズ経営には向き不向きがある

フランチャイズ経営では、経営の自由度が大きくありません。
ブランドのイメージを背負っており、フランチャイズ本部の方針に従う必要があるからです。
本部からのアドバイスを聞き入れることに抵抗のない人は問題ありませんが、自分の考えで経営方針を決めたい人には向きません。
経営に対する自分の考えをはっきりさせると、フランチャイズビジネスを進めやすくなります。

フランチャイズ本部との相性が悪くてもやめられない

インドアゴルフスクールにも多くのフランチャイズがあり、スクールの形態もサポートの仕方も異なります。
一度加盟すると、合わなくてもやめることは簡単ではありません。
商品力やWebシステムの充実度以外にも、経営理念や経営の自由裁量の範囲などの確認も必要です。
さらに、長い付き合いとなるため、説明会などの社員の対応や担当者との相性なども重要なポイントです。

スムーズなフランチャイズ本部との関係が、事業の安定にもつながります。

フランチャイズの加盟には費用がかかる

フランチャイズに加盟する場合には、加盟料やロイヤリティの負担があります。
個人でインドアゴルフスクールを経営する場合にはかからない費用です。
しかし、さまざまなサポートやブランドイメージの対価と考えると、必要経費といえます。
売り上げに対してロイヤリティの負担が重すぎる場合は、収益が伸びない原因ともなるので、初めに十分な確認が必要です。

その上で、継続的にかかる費用としてあらかじめ予算に組み込むことで、負担感を抑えられます。

「わたしのゴルフ」をおすすめする理由

「わたしのゴルフ」の特徴は、顧客の通いやすさを大切にしている点です。
手頃な価格の月額会費制で通い放題や、駅近の立地は集客を増やします。

また、予約の取りやすい打席数、クラブの無料レンタル、24時間営業などは、会員の継続期間をのばしてくれます。

このことは、インドアゴルフスクールの経営を安定させてくれます。
さらに、初心者をターゲットにしており、新たなプレー人口が増えるこれからのゴルフ業界の流れにも合っており、将来性があります。

「わたしのゴルフ」がフランチャイズとしておすすめの理由についても紹介します。

安定した売り上げが確保できるストックビジネス

「わたしのゴルフ」の大きな特徴の一つが、月額会費制であること。
チケット制などと比べ、ストックビジネスのため安定した収益が見込めます。
オープン初期から会員数を増やすためのノウハウがあり、集客のためのサポートも受けられます。
さらに、従業員はコーチ1名のみでよく、人件費も抑えられるのです。
コーチ不在の時間も24時間無人営業を行うため、無駄なく効率的に営業できます。
開業初期からの安定した収益、経費を抑えた効率的な営業で、早期の黒字化と初期投資の回収が可能になります。

人材の確保にも手厚いサポート

これまで、働く人材の確保に頭を悩ませた経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
オーナーとなるからには、従業員の確保はさけては通れないことです。
しかし、「わたしのゴルフ」では、コーチ1名で良いだけでなく、採用ノウハウの提供や本部での研修を受けることができます。
さらに、困った時は本部からコーチを代理派遣してもらえるシステムもあり、人材確保に悩むことはありません。

退店ゼロの実績と安心感

「わたしのゴルフ」では、これまでに撤退や退店した店舗はありません。
このことは、業績が著しく悪化した店舗がないことを示します。
フランチャイズに加盟を検討する上で、安心な数字です。

オーナー業務の低減もサポート

オーナーになったら働きづめだったのでは、インドアゴルフスクールの経営が成功したとはいえません。
「わたしのゴルフ」では、オーナー業務の軽減にもサポートがあります。
スクールの運営管理をするWebシステムの提供を受けることで、管理業務がスピーディーになります。
家族と過ごす時間や自分の時間、2店舗目の経営などに、業務軽減で生まれた時間を使うことができるのです。

まとめ

ゴルフ業界は、若い世代を中心に再びプレー人口が増加してきました。
その中でも、インドアゴルフスクールは急成長しています。
「わたしのゴルフ」は、インドアゴルフスクールのフランチャイズを展開しており、今後の成長が期待できます。
さらに、手厚いオーナーサポートもあり、おすすめのフランチャイズです。
好きなゴルフでビジネスを始めるなら、検討してみてください。

詳細は、わたしのゴルフFCオーナー大募集!こちらのページ↓をご覧ください。

わたしのゴルフFCオーナー大募集!

無料相談・資料請求 無料相談・資料請求