ゴルフのフランチャイズ経営を行うメリットや将来性・開業方法

 
  2021/12/25
ゴルフのフランチャイズ経営を行うメリットや将来性・開業方法

ゴルフのスコアを高めたいと考えている場合に多くの人が足を運ぶゴルフ練習場。
個人で経営しているところもありますが、中にはフランチャイズ経営を行っており、充実した設備や道具がそろっている場所もあります。
ゴルフ練習場のフランチャイズ経営は珍しいものではなく、経営が初めての人でも挑戦しやすい点が利点です。
もちろんフランチャイズ経営はメリットがある一方、デメリットもありますが、メリットが大きいという点から挑戦する人が増えています。
今回はゴルフ練習場のフランチャイズ経営はどのようなメリットがあるのか、将来性や開業方法について詳しく解説をしていきます。

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営は将来性があるの?

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営は将来性があるの?

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営は将来性があるのかについて気になって調べる人も多いのではないでしょうか。
結論から挙げると、ゴルフ練習場のフランチャイズ経営は将来性はあります。
ただし、フランチャイズの場合は集客力があるものの、他の店舗とは異なる差別化を図らないと長く利益を出し続けるのは難しいです。
ゴルフ人口は激減していると言われている傾向がありますが、インドアゴルフやシミュレーションゴルフの登場によって再度注目が集まりつつあるため、ゴルフ練習場のフランチャイズ経営はまだまだ将来性があります。
ゴルフ好きの方で経営は初めて挑戦するという人はフランチャイズ経営を実際に行ってみて、経営ノウハウを蓄積した状態で独立するのがおすすめです。

ゴルフ練習場をフランチャイズ経営で行う7つのメリット

ゴルフ練習場をフランチャイズ経営で行う7つのメリット

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営を行うメリットは下記の7つが挙げられます。

  1. 道具や設備が揃った状態で経営ができる
  2. 本部からの充実したサポートが受けられる
  3. 経営ノウハウを得やすい
  4. 宣伝を行わなくてもある程度の集客が見込める
  5. 黒字経営を続けてられるため負担が少ない
  6. 初期費用が抑えられる
  7. 銀行から融資をしてもらいやすい

それぞれのメリットについて詳しく解説を行いますので、ゴルフ練習場のフランチャイズ経営を実践してみようと考えている人は参考にしましょう。

道具や設備が揃った状態で経営ができる

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営の場合は、どの設備や道具を揃えておくべきなのかマニュアルが渡されるため、仕入れを行いやすいです。
個人でゴルフ練習場を開業する際には、どの設備がどのくらい用意したらいいのか分からず、無駄に発注してしまったり、開業した後に必要だったことに気づいたりします。
しかし、フランチャイズ経営の場合は事前に設備や道具の情報を知ることができる上に、早い段階での発注ができるため、準備万端な状態で開業を迎えることが可能です。
もちろん開業時だけでなく、経営している際も随時おすすめの道具情報や設備情報が届くため、良質なお店造りができます。

本部からの充実したサポートが受けられる

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営では、本部からの充実したサポートが受けられます。
サポート内容に関しては契約する企業によって変わりますが、一例として挙げると、本部によって物件探してしてもらったり、運営マニュアルを通した組織化やマーケティング調査などを行ってもらえたりもできます。
さらに経営しているときに売上情報や仕入れ情報・純利益情報なども送ることが多いため、細かなデータ分析を通した指摘を受けて改善に取り組むことが可能です。
個人店で莫大なデータを抱えることは極めて難しいですが、フランチャイズ経営であれば今まで経営・開業をしてきたデータの中から効果のあるデータを絞って伝えてもらうことができるため、経営難に陥りにくいという点も本部からの手厚いサポートとして挙げられます。

経営ノウハウを得やすい

経営に関してのマニュアルを確認しながら経営を行うことができる上に、仕入れができるため、全体の流れを把握しやすいです。
初めて経営を行う人は右も左も分からない状態になるため、具体的にどのような方法を行えば集客できるのか、顧客を満足させられるのかがわかりません。
ゴルフが大好きという気持ちからお店を始める人も多いですが、どうしても経営を行う上では経営術を学んでおくことが必要です。
フランチャイズ経営の場合はマニュアル化が行われており、経営ノウハウをすぐに吸収できる仕組みとなっているため、独学で経営について勉強する必要もありません。
ゴルフ練習場の経営ならではの情報もたくさん教えてもらうことができるため、将来的にも独立開業を視野に入れている人にもおすすめです。

宣伝を行わなくても集客が見込める

フランチャイズ経営の強みとしては、他にも個人店にはない集客力が見込めるという点も外せません。
個人店である場合は集客を行うために、新聞やSNS・ホームページを活用して大々的に宣伝を行う必要があります。
しかし、フランチャイズ経営であれば事前に知っている人が多いため、ふらっと立ち寄ってもらいやすい上に、話題性から多くの人が足を運びやすいです。
宣伝に関しても本部の方が行ってくれることが多いため、宣伝に関する打ち合わせの手間などを省くことができます。
経営を行う上では、集客に関して悩みを抱える人も多いですが、フランチャイズ経営であれば全く来ないという状態を回避することが可能です。
さらに、フランチャイズ経営であれば知名度の高さから周りの人からも注目されやすく、経営している自分に対して自信を持つこともできます。

黒字経営を続けてられるため負担が少ない

他にもゴルフ練習場のフランチャイズ経営では、黒字経営を行いやすいという点もメリットとして挙げられます。
先述でも触れましたが、フランチャイズ経営は随時売り上げの報告を行う必要があるため、経営が悪化し始めたらすぐに指摘が入ります。
具体的にどの部分が赤字に導いているのかを教えてもらうことができるので、個人店と比べて黒字経営を続けられやすいです。
赤字が続いてしまうとどうしても気持ちが不安に傾いてしまいやすい上に、ストレスから負担になることが多いです。
黒字を続けられることによって経営に対して自信を持てるようになるため、自分の心を鍛えるという意味でもフランチャイズ経営はおすすめになります。

初期費用が抑えられる

個人でゴルフ練習場を開こうと考える場合は、土地を持っていない場合に初期費用が掛かってしまうことが多いです。
順調に経営を行うためには市場リサーチ・マーケティング調査が必須ですが、プロの人に依頼をすると高額になりやすい上に、物件探しも時間がかかります。
ゴルフ練習場のフランチャイズ経営では本部からの協力を受けられるため、初期費用や時間がかかりすぎてしまう状態を抑えることが可能です。
物件に関しても本部の人に相談を行うと、値段交渉を一緒にしてもらえる可能性もあるため、ゴルフ練習場の開業でも初期費用を最小限に抑えたいと考えている人におすすめします。

銀行から融資をしてもらいやすい

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営のメリットでは、他にも銀行からの融資を受けやすいという点が挙げられます。
開業を行う際には地方銀行や日本政策金融公庫に相談を持ち掛ける必要がありますが、銀行は開業を行う際の計画性や将来性を検討した上で融資を行うか決めます。
個人の場合はコツコツと開業のために貯金をしてきた実績が必要であるほか、事業計画書に関してもしっかりと作り込まれている必要があるため、なかなか難しいです。
しかし、フランチャイズ経営であれば本部の支援があることから、既に将来性は十分にあると判断してもらいやすく、銀行から融資を受けやすくなります。
融資をしてもらえないからゴルフ練習場の開業を挫折するという人も少なくないため、銀行から優遇してもらいやすいという点も大きな強みです。

ゴルフ練習場のフランチャイズ開業方法

ゴルフ練習場のフランチャイズ開業方法

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営に挑戦しようと考える際には、下記の7つの手順を踏んでいくことが必要です。

1. 説明会に参加してみる
2. 担当者に連絡を入れ相談を行う
3. 事業計画書を作成する
4. 銀行に相談を行う
5. 契約を結ぶ
6. 開業準備を行う
7. 開業

各ステップに合わせた内容について具体的に紹介していきますので、ゴルフ練習場のフランチャイズ経営を始めようと考えている人はチェックしてみましょう。

1.説明会に参加してみる

フランチャイズ経営を始めようと考えている場合、まずはどの企業にするのか決める必要があります。
企業によってサポートの内容が変わる上に、集客率なども変わってくるため、情報収集を行うという意味でも、各企業の説明会に参加をしてどのような形でフランチャイズの経営を行っていくのか知識を入れていくようにしましょう。

2.担当者に連絡を入れ相談を行う

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営をどこの企業で始めたいか決まった後は、人材採用者や開発担当者に連絡を行い、開業したいことを伝えるようにしましょう。
簡単な電話での面談が終わった後は、具体的な話を行うための日付設定などの話に進みます。
担当者と面談をした際には、自分が疑問に感じている内容についての相談を行うチャンスでもあるため、不安を解消するためにもしっかりと相談を行って話を聞くようにしてください。

3.事業計画書を作成する

フランチャイズ経営を行うために面談を行った後は、さらに事業計画書の作成を行って内容を詰めていきます。
事業計画書は銀行に融資の打診をしていくときに使いますが、個人経営を行う際にも必要で、個人の場合だとどのようなことを記載したらいいのか分からずに時間がかかってしまいやすいです。
しかしフランチャイズの場合は、企業が先に事業計画書について提出してくれることもあります。
事業計画書を基に、具体的にどのような計画・数字で経営を行っていくのかをチェックできるため、本部の手厚い支援を受けながら開業できるという点はフランチャイズ経営ならではの魅力です。

4.銀行に相談を行う

事業計画書の作成ができた後は、実際に銀行に融資をしてもらえるように相談に行くようにしましょう。
事業を始める際の銀行に関してもしっかりと選ぶ必要があり、できれば自分が口座を持っている銀行に足を運ぶのがおすすめです。
自分が口座を持っている場合は貯金のデータを鑑みた上での融資判断をしてもらうことができます。
フランチャイズ経営の場合は普段から取引がある銀行に持ちかけることができるため、先述でも紹介しているように融資をしてもらいやすい状況を作りやすいです。

5.契約を結ぶ

銀行の融資がおりることが決まった後は、実際にゴルフの練習場をフランチャイズ経営始めるために契約を結んでいきます。
契約の締結を行う際には、実印や住民票・身分証明書を準備しておくとスムーズに契約ができやすいです。
企業によって契約を結ぶ際の必要な物が異なりますので、事前に契約時にどのような物が必要なのか確認を取っておくのが好ましいです。

6.開業準備を行う

契約を結んだ後はいよいよ開業準備をしていくようにしましょう。
経営を行うための従業員の雇用や設備・道具の仕入れなどを実際に行い、開業のための準備を進めていきます。
この開業準備に関しても本部からサポートを受けられることが多く、ミスがないか丁寧に指示してくれやすいです。
ただし、開業準備に関しては企業によってどの道具・設備が必要なのか指示されるだけの場合があるため、自分でしっかりと確認を行いながら発注・仕入れを行うのがおすすめになります。

7.開業

開業準備が行った後は、いよいよフランチャイズ経営のスタートです。
開店時は話題性から多くの人が足を運んでくれやすいため、好印象を与えるためにも一人ひとり丁寧な接客を心がけるようにしましょう。
来ていただいたお客様に好印象を与えることで、再度足を運んでもらうことができやすいので、次の来店につなげるためにも力を入れて接客を行うようにしてください。

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営を行う際の注意点

ゴルフ練習場のフランチャイズ経営の注意点

初めて経営を行う場合はフランチャイズ経営がおすすめですが、契約する際には特に気を付ける必要があります。
というのも、フランチャイズ経営では気持ちが前向きになっている状態で契約を行うため、気持ちが先立って十分に契約書の内容を確認しない人が多いです。
契約書の内容を把握していない状態で経営を行っていないと、後々トラブルに発展することも少なくありません。
トラブルに発展しないためにも、契約書の内容は必ずすべてに目を通すようにしましょう。

まとめ

ゴルフ場経営

ゴルフの練習場のフランチャイズ経営は多くのメリットがあり、初めて事業を行う人にもおすすめです。
ゴルフを行っている人口はやや減りつつありますが、フランチャイズ契約を結ぶことによって話題性から集客を行うことができます。
経営ノウハウをしっかりと学ぶこともできるため、真剣にゴルフの練習場を経営していこうと考えている人はフランチャイズ経営も視野に入れてみましょう。

Copyright© わたしのゴルフ 2021 All Rights Reserved.