インドアゴルフの魅力とは?フランチャイズで意識するべきポイント

 
  2021/12/25
フランチャイズで意識するべきポイント

自分の店を持ちたい・独立したいと考える際に、視野に入れることが多いフランチャイズ。
フランチャイズは、本部と契約を結んだ加盟店を指し、経営ノウハウやと登録商標の使用権利を取得しながら経営が行えます。
様々な業種・業界のフランチャイズが存在しますが、インドアゴルフ業界でもフランチャイズチェーンは多いです。
一般的な店舗とは違って多くの魅力があるフランチャイズですが、気を付けるべきポイントも存在します。
インドアゴルフの魅力や、フランチャイズを行う際に気を付けるべきポイントについて解説をしていきますので、参考にしてみてください。

インドアゴルフの魅力

インドアゴルフの魅力

インドアゴルフは「室内ゴルフ」「室内トレーニング」として称されることも多いですが、インドアゴルフならではの魅力が下記の4つです。

  • スイングの基本をしっかりと練習できる
  • 冷暖房が完備されている
  • 天候に左右されない
  • 道具がそろっている

それぞれの魅力について詳しく解説をしていきますので、ゴルフを始めようと考えている人は参考にしてみてください。

スイングの基本をしっかりと練習できる
インドアゴルフはゴルフを行う上で重要なスイングが徹底的にできるため、ゴルフが上手くなりたいと考えている人におすすめです。
インストラクターがいるため、本格的なゴルフの練習をプロの指導のうけることができます。
基本的なスイングを練習できることによって、目的のポジションにボールを転がすことができ、スコアを縮めることが可能です。
ゴルフのスコアをしっかりと高めたいと考えている人はインドアゴルフに通う人が多いです。

冷暖房が完備されている
さらにインドアゴルフは室内で練習することができるため、冷暖房が完備された状態で練習を実施できます。
暑い状態でゴルフをしているとどうしても手に汗が出てしまうことから、スイングがぶれてしまったり、最悪の場合は怪我をしてしまったりすることも少なくありません。
一方、寒い状態の場合は手が震えてしまうため、スイングに集中ができず、練習時間が短くなるうえに、基本的な動きができない可能性が高いです。
しかし、インドアゴルフは室内にてトレーニングを行えることから、冷暖房が完備されています。
環境に左右されない状態でトレーニングを実施することができるので、技術が早く身につきやすいという点からプロや初心者に人気を博しています。

天候に左右されない
多くの人が想像できるように、インドアゴルフは室内で練習ができるため、天候に左右されないという点も魅力として外せません。
雨が降っているときや風が強いときはどうしてもショットやアプローチに影響を与え、十分な練習ができないことが多いです。
インドアゴルフであれば天候に左右されないことから、きれいなアプローチ・ショットの練習ができます。
さらに、雨天時の場合はゴルフの練習を辞めてしまう場合が多いですが、天候に左右せず足を運びやすいという点も魅力です。

道具がそろっている
インドアゴルフの場合は設備が充実しており、道具がそろっているという点も人気です。
道具を一式そろえるとかなり高額になりやすいですが、とりあえず練習を行い、ゴルフが自分に合うか試してみたいと考えている人におすすめします。
自分好みの道具が見つかりやすい上に、どのシーンでどの道具が合うのかをわかるため、初心者の人でも挑戦しやすいです。

インドアゴルフをフランチャイズで始める魅力

インドアゴルフをフランチャイズで始める魅力

インドアゴルフは通常のゴルフ場での練習と比べて多くの魅力がありますが、フランチャイズ経営を行うメリットも豊富です。
下記の4つはフランチャイズ経営でインドアゴルフを始める際の魅力として挙げられます。

  • 雨天時でも集客しやすい
  • 運営のノウハウを学べる
  • ブランド力による集客が可能
  • 資金面や土地の確保ができやすい

それぞれの魅力について詳しく解説をしていきますので、参考にしてみてください。

雨天時でも集客しやすい

インドアゴルフの場合は前述でも紹介しているように、雨天時でもゴルフの練習を行えるため、雨天時でもしっかりと集客することができます。
どうしても雨が降っていると、通常時は足を運びづらく、集客が難しいです。
しかし、インドアゴルフの場合は天候に左右されずに集客ができるため、集客の方法で悩むことも少ないといっても過言ではありません。
集客については天候だけとは限りませんが、悩みの種が少ないという点からも経営しやすいと人気です。

運営のノウハウを学べる

他にもフランチャイズならではの、魅力として、経営マニュアルをそのまま引き継ぎでもらうことができ、独学で勉強することも少なく済みます。
運営のノウハウはチェーンによって異なりますが、マニュアルをデータや冊子にされていることが多いため、仕事をしていないときでもスムーズに確認しやすいです。
運営のノウハウをそのまま獲得できるので、全く経営をしたことがない人でも大きな失敗をしてしまうことが少ないです。
初めて店舗運営を行うという人は運営のノウハウを学べるフランチャイズ店舗から挑戦してみるのもおすすめします。

ブランド力による集客が可能

フランチャイズ最大の魅力といっても過言ではないのが「ブランド力」です。
有名店は最初から知名度が高いため、フランチャイズ経営を実施してもすぐに集客ができます。
さらに、開店時の店舗は多く人が足を運びやすいですが、開店から時間が経つと人が少なくなり、集客に悩むことも少なくありません。
しかし、フランチャイズであればブランド力があるため、開店時の賑わいを長期にわたって続けることができ、集客が行いやすいです。
ブランド力は安心感にも直結することが多いことから、人が来やすいという点からもおすすめです。

資金面や土地の確保ができやすい

一般的に個人で独立を行う際には、金融機関や不動産屋に融資の相談を行う必要があり、自分の資産状況に合わせた相談を行うことが必要です。
資産がない場合は融資をしてもらいにくく、立地が良い場所に店舗を建てたくても難しいといっても過言ではありません。
しかし、フランチャイズであれば金融機関や不動産屋での融資の話が行いやすく、資金面での援助や土地の確保ができやすいです。
もちろんフランチャイズだからといって必ず高額な資金の確保や土地の確保ができるわけではありませんが、一般的な独立と比べると融資してもらいやすいという点からも初めて店舗経営を行う人に向いています。

フランチャイズを行う際のデメリット

フランチャイズを行う際のデメリット

インドアゴルフをフランチャイズで始める魅力はたくさんありますが、直営店と比べてのデメリットも存在します。
フランチャイズのデメリットは下記の3つです

  • 経営の自由が少ない
  • ロイヤリティの支払いが必要
  • ブランドイメージの保持が大変

それぞれのデメリットについて詳しく解説をしていきますので、フランチャイズの魅力と合わせて参考にしてみてください。
経営の自由が少ない
直営店・個人店であれば自由な働き方ができ、自分好みの店づくりができるという点が魅力として挙げられます。
しかし、フランチャイズの場合はマニュアルに沿った経営や手順を行う必要があるため、経営の自由が少ないです。
本部の方針によってはアレンジを行った上で経営を行っていい場所もあるので、事前に確認を行った上で経営・契約を行うようにしましょう。

ロイヤリティの支払いが必要
個人店の場合であれば、売り上げから仕入れや経費などを引いた純利益をそのまま収入として獲得することもできますが、フランチャイズの場合はロイヤリティの支払いが必要です。
ロイヤリティは商標権などを使用して経営を行う使用料だと考えるとわかりやすいです。
契約を行っている間は毎月発生するため、ロイヤリティ支払い分も計算に含めた純利益を出していくことが大切になります。

ブランドイメージの保持が大変
フランチャイズはブランドイメージが良い状態から始められるため、集客ができやすいですが、ブランドイメージとは違った接客や雰囲気を作ってしまうと、逆に足を運ばれにくくなります。
ブランドイメージはとても重要で、少しでもイメージが違うとマイナスイメージが強くなりやすいです。
人気・知名度が高ければ高いほどブランドイメージの保持が大変になるため、自分好みの店づくりが難しいといっても過言ではありません。
個人店の開業も視野に入れている場合は、フランチャイズの場合は経営術と経験を学んでいるということを考えて運営していくのが好ましいです。

インドアゴルフをフランチャイズで始める際の注意点

インドアゴルフをフランチャイズで始める際の注意点

インドアゴルフは多くの魅力がありますが、フランチャイズ経営を行う場合は下記の4つが注意点として挙げられます。

  • 本部からのサポートが受けられるか確認する
  • 契約期間と違約金について確認
  • 開業資金・運営資金について確認
  • ロイヤリティの確認

 

フランチャイズでインドアゴルフの経営に挑戦しようと考えている人は注意点を把握した上で考えるようにしましょう。

本部からのサポートが受けられるか確認する
最も確認するべき注意点では「サポート面」が挙げられ、フランチャイズだからといって必ずサポートを受けることができるというわけではありません。
なかには簡単なマニュアルだけを渡され、そのマニュアルに従って売り上げを出すように徹底するところもあります。
本部からの丁寧なサポートがない場合は経営方針に迷いやすい上に、データを蓄積していることが少ないため、独自で経営術について学ぶことが必要です。
逆に、本部からのサポートが受けられる場合は設備や道具を揃えやすい上に、顧客に合わせた対応の仕方などを丁寧に教えてもらいやすい傾向があります。
初めて店舗経営を行う場合は必ず本部からのサポートが受けられるかを把握して契約を行うようにしましょう。

契約期間と違約金について確認
他にもフランチャイズ契約を行う際に気を付けるべきポイントは契約期間と違約金についての内容です。
場所によって条件が異なり、契約内容を知らずに経営を行っていると、契約違反して高額な慰謝料を払うことが必要なケースも少なくありません。
さらに、契約期間でも1ヶ月更新の場所もあれば1年更新・3年更新のところもあります。
契約期間や契約内容を知らずに行動をしてしまうと、違約金を支払う必要が発生するため、契約内容については必ず目を通すようにしましょう。

開業資金・運営資金について確認
フランチャイズ経営を行う際には、他にも開業資金や運営資金についても確認を取るようにしてください。
契約状況によっては、開業資金は出してくれるものの、運営業況が悪くなった際には運営資金を手元から補填してもらうような内容になっているところもあります。
契約内容にしっかりと定められていない場合は、面接を行う段階でしっかりと確認を行うことが必要です。
開業資金や運営資金は運営を行っている上で、重要な部分になるため、ロイヤリティと合わせて確認をするようにしましょう。

報酬・ロイヤリティの確認
契約を行う上で多くの人が気になるロイヤリティ。
報酬・ロイヤリティもフランチャイズ契約によって、変わりやすく、完全歩合制のところもあれば、月額報酬+歩合制のところがあります。
ロイヤリティに関してはフランチャイズ契約の中でももめやすく、後々にトラブルに発展することも多いです。
生活にも関わってくる話になるため、報酬やロイヤリティの話はしっかりと確認するようにしましょう。
できれば時間をかけて交渉するか、毎月交渉を行うようにするとトラブルを避けにくいです。
口頭ではなく、なるべく書面での内容更新を行うのが理想的になります。

まとめ:フランチャイズでインドアゴルフに挑戦してみよう

まとめ:フランチャイズでインドアゴルフに挑戦してみよう

通常のゴルフ練習場の運営と比べて、多くの魅力があるインドアゴルフ。
インドアゴルフのフランチャイズは初めて経営を行う人にもおすすめで、本部の丁寧なサポートを受けることができやすいです。
ただし、フランチャイズ契約はマニュアルが充実している点や本部のサポートを受けられるという点が魅力ですが、ロイヤリティの契約内容・契約期間などをしっかりと確認した上で行うことが重要になります。
安定した経営を行っていくためにも、独立を視野に入れている人は一度フランチャイズの話を聞いてから検討するようにしましょう。

Copyright© わたしのゴルフ 2021 All Rights Reserved.