儲かるゴルフ場を開業したい!失敗しないためのポイント

 
儲かるゴルフ場経営

ある程度土地を持っていると、土地活用の一環としてゴルフ場を開業する人も少なくありません。

ゴルフ場を開業したとしても、しっかりと計画が練られていない状態だと赤字が続きやすい上に、最悪倒産の危機に見舞われます。

ゴルフ場を開業するためには、様々なポイントを意識して行うのが好ましく、失敗しないポイントが存在します。

儲かるゴルフ場を開業したい場合はどのような点を意識していくべきなのか詳しく解説をしていきますので、開業を視野に入れている人は参考にしてみてください。

儲かるゴルフ場と儲からないゴルフ場の違いとは?

儲かるゴルフ場の違い

儲かるゴルフ場と儲からないゴルフ場の違いでは、下記の6つの違いが存在します。

  • コンセプト・ターゲット層が明確になっているか
  • 他の店舗とは異なるサービス提供を行えているか
  • 経営ノウハウを持っているか
  • 立地・物件選びができているか
  • 市場リサーチが行われているか
  • 初期投資がしっかりと行えているか

それぞれの違いについて詳しく解説を行っていきますので、ゴルフ場の開業を考えている人は必見です。

コンセプト・ターゲット層が明確になっているか

儲けるゴルフ場と儲けないゴルフ場で大きな違いと言えるのが「コンセプト」「ターゲット層」が明確になっているかという点です。

というのも、儲けないゴルフ場は多くの人を集客しようとしてしまい、コンセプト・狙うターゲット層がぐちゃぐちゃになっていることが多いです。

儲けるゴルフ場の場合はターゲット層がしっかりと絞られており、女性なら女性が入りやすい空間づくり、仕事帰りのサラリーマンが立ち寄りやすい雰囲気づくりを行っています。

ターゲットを絞っている場所はお客が入りやすい雰囲気作りができているため、人気が出やすいです。

他の店舗とは異なるサービス提供を行えているか

さらに、儲かるゴルフ場は他の店舗とは異なるサービス提供ができているといっても過言ではありません。

ゴルフ場と言えばコースの周回やスイング・フォームの練習が基本となっていますが、儲かるゴルフ場はターゲット層に合わせたサービス提供を行っています。

具体例で挙げると、仕事帰りのサラリーマンが立ち寄りやすいように、道具一式を貸出しするようなシステムにし、手ぶらでも足を運びやすいサービスにしている場合や、家族連れでも過ごしやすいように、キッズスペースやレストランを併設している場所もあります。

ただ練習できるだけの場所では、魅力的なお店だと感じてもらいにくいため、他の店舗とは異なるサービス提供をしっかりと考えるようにしましょう。

経営ノウハウを持っているか

儲かるゴルフ場は、他にも経営ノウハウをしっかりと持っているケースがほとんどです。

経営ノウハウを持っていない状態で経営を行ってしまうと、何をどのようにしたら利益が出るのか分からず、闇雲に経営をする状態になってしまいます。

ゴルフ場を経営する上では維持費・変動費・固定費・人件費といった様々な点を意識しながら経営を行うことが必要になるため、ある程度の知識を持った状態で開業に挑むのが好ましいです。

どうしても経営のノウハウを持っていない場合は、ゴルフ場の経営でもフランチャイズ経営を行う手段もあります。

フランチャイズ経営は多くの店舗を開業・経営してきたノウハウを蓄積されているため、マニュアル化が行われている場合が多いです。

初めて経営を行う人でも理想に近いゴルフ場経営ができることから、多くの人におすすめになります。

立地・物件選びができているか

儲けるゴルフ場と儲けないゴルフ場では、立地や物件選びができているかという点でも大きく違います。

というのも、儲けるゴルフ場は物件選びに時間がかけられており、理想的な場所に建てられているケースが多いです。

一方、儲けないゴルフ場は同じ駅チカの建物だったとしても騒音がする場合や入りづらい場合など、苦戦することが多い傾向にあります。

立地や物件選びも利益に直結する重要な部分になるため、儲けるためにはしっかりと意識して選ぶようにしましょう。

市場リサーチが行われているか

儲けないゴルフ場は市場調査が十分に行われていない可能性が高く、いくら頑張ったとしても限界があります。

市場リサーチ・マーケティング調査は、利益を生み出すポイントに直結し、時間をかけて行っているとターゲット層に合わせたゴルフ場作りが可能です。

例えば、儲けないゴルフ場は仕事帰りのサラリーマンが多い場所で、女性だけが入りやすい雰囲気づくりを行っている例もあります。

市場リサーチができていない場合はターゲット層・コンセプトを誤ってしまう可能性が高いため、利益を生み出すためにも市場リサーチは徹底するようにしましょう。

初期投資がしっかりと行えているか

さらに儲けていないゴルフ場と儲けているゴルフ場では、初期投資にも大きな違いがあります。

初期投資を疎かにしてしまうと、十分な準備ができないため、たくさんお客さんが足を運んでくれたとしても二回目の来店の可能性が低いです。

逆に頑張ってでも初期投資に力を入れている場合は、顧客が求めそうなニーズの解消を行うマシンの発注などもできます。

初期投資を多くすることによって長い期間返済を行う必要がありますが、それ以上の顧客満足を獲得できるケースもあるため、初期投資はなるべく頑張るようにしましょう。

ゴルフ場開業する際に失敗しないためのポイント

ゴルフ場開業する際に失敗しないためのポイント

ゴルフ場開業を行う際に、失敗したくない場合は下記の4つを意識するのが好ましいです。

  • 市場リサーチ・マーケティング調査を徹底する
  • 顧客を飽きさせないサービスの提供
  • 客層・ニーズをつかんだ経営を行う
  • ランニングコストをしっかりと把握する

それぞれのポイントについて詳しく解説を行っていきますので、ゴルフ場の開業を考えている人は参考にしてみてください。

市場リサーチ・マーケティング調査を徹底する

ゴルフ場経営を行う際に、失敗しないためには市場リサーチ・マーケティングを徹底するようにしましょう。

市場リサーチは先述でもしっかりと伝えていますが、ターゲット層やコンセプトを決める上での重要なポイントといっても過言ではありません。

客層に合わせた雰囲気や対応を行うことによって、より多くの人が足を運ぶようになるため、市場リサーチ・マーケティング調査は時間をかけて入念に行うようにしましょう。

顧客を飽きさせないサービスの提供

ゴルフ場の経営で失敗しないためには、顧客を飽きさせないサービス提供も重要です。

来店回数に合わせてゴルフグッズをプレゼントする規格や、ゴルフ場内でちょっとしたイベントを開くことによって、お客を満足させることもできます。

淡々と同じことをしているだけではやはり多くの人が飽きてしまうため、顧客のハートをつかむためにも飽きさせないサービス提供が必須です。

客層・ニーズをつかんだ経営を行う

失敗しないためにも他には、客層やニーズをつかんだ経営を行うのがおすすめです。

例えば、家族連れや女性が足を運ぶことが多い場合は、ちょっとした疲れが取れるリラックスルームやキッズルームを併設すると喜ばれやすいです。

他にも、練習後に友達と話ができやすいようなカフェなどを店舗内に入れておくことによってより有意義な時間を過ごしてもらえます。

客層・ニーズをつかんだ経営を行うためにも、来てくれる客層や要望などはしっかりと掴むようにしましょう

ランニングコストをしっかりと把握する

儲けるゴルフ場作りを行いたい場合は、ランニングコストにも注目するようにしましょう。

ランニングコストは水道光熱費や人件費・消耗品費や備品費などが挙げられますが、変動する費用をしっかりと把握しておくことによって、無駄なコストを最小限に抑えることができます。

ゴルフ場経営は維持費やランニングコストがどうしても高くなりやすく、疎かにしていると必要以上の消費を行っていることが多いです。

儲ける状態を作るためにも、できるだけ毎日ランニングコストの計算を行うようにしてください。

ゴルフ場開業する際に気を付けるべきことは?

ゴルフ場市場調査

ゴルフ場の経営を行う際には、下記の3つは必ず気を付けるのが好ましいです。

  • 一つひとつのスペースを広くする
  • 騒音が少ない場所を選ぶ
  • 集客が見込める場所で始める

それぞれのポイントについて詳しく解説をしていきますので、儲けるゴルフ場の開業をしたいと考えている人はチェックしてください。

一つひとつのスペースを広くする

回転率を高めたいという気持ちやより多くの人をゴルフ場に入れたいという気持ちから、練習スペースを狭くして収容人数を増やす人は多いです。

しかし、ゴルフは集中して行うスポーツでもあるため、人通しの距離感が近いとどうしても集中力が切れてしまいやすく、本来の力を発揮できなくなる可能性が高くなります

周りの視線などが気にならないように、練習をするスペースはなるべく一つひとつがしっかりと距離の確保が行われている状況を作るようにしましょう。

騒音が少ない場所を選ぶ

さらに儲かるゴルフ場を作りたいと考えている際には、騒音が少ない場所を選ぶようにしてください。

というのも、駅から近い場所に建てることができたとしても、電車の音がうるさいと当然集中力がきれてしまい、練習しに来たはずなのに練習ができないという状態が生まれてしまいやすいです。

しっかりと満足のできる空間づくりを行うためにも、アクセスしやすい場所で騒音が少ない場所をなるべく選ぶようにしましょう。

市場リサーチ・マーケティング調査を行う際に、騒音についての調査を行っておくとスムーズに物事が進みやすいです。

集客が見込める場所で始める

他にも失敗しないためのポイントとして、集客が見込める場所で始めるようにしてください。

単純に駅から近いというだけでは印象に残りにくく、足を運んでもらえません。

逆にターゲット層をしっかりと調査した上で開業を行うと、自然と人が足を運んでくれやすいです。

集客が見込める場所を探すためには、実際に考えている場所に足を運んでみるのがベストといえます。

儲かるゴルフ場を開業したい!開業資金の目安は?

ゴルフ場開業資金

儲かるゴルフ場を開業したい場合、しっかりとした資金を準備した上で始めるのが好ましいです。

開業資金の目安としては、土地を保有しているかや広さ・スペース、併設している施設によっても変わりますが、3,000万円~5,000万円を目安に設定するのがおすすめになります。

資金調達の方法として、地方銀行や日本政策金融公庫が挙げられますが、日本政策金融公庫の場合は審査が厳しいとともに、提出する必要がある書類の数が多いです。

そのため、好条件で融資をしてもらいたいと考えている場合は融資に関する時間もしっかりと取っておくようにしましょう。

地方銀行の場合は日本政策金融公庫と比べて必要書類が少ないですが、事業計画書などを確認した上で融資額の提示を行ってくるため、事業計画書を入念に作成しておくことが必要です。

ただし、資金調達の方法として投資家から支援をしてもらうという方法も存在しますが金額が高額になってしまいやすいため、どうしても複数人数から支援してもらう形になります。

複数人数からの支援は経営の方針がぶれてしまいやすいとともに、しっかりと話し合って経営を始めないと、後々トラブルに発展するケースも少なくありません。

そのため、投資家の支援を受ける際には慎重に行動するようにしましょう。

フランチャイズ経営も儲かるゴルフ場開業にできやすい

フランチャイズゴルフ場開業

ゴルフ場の開業では、個人で開業する方法の他に、フランチャイズ経営として開業する方法もあります。

フランチャイズ経営の場合は、事前にノウハウが詰まった状態で経営を始めることができるため、大きく赤字になってしまう心配も少ないです。

必要な情報や分析もしっかりと行える環境作りができるため、儲かるゴルフ場を開業したいと考えている場合はフランチャイズ経営も視野に入れてみるようにしましょう。

まとめ

儲かるゴルフ場経営まとめ

儲かるゴルフ場と儲からないゴルフ場はご紹介したことからも分かるように、はっきりとした違いが存在します。

経営が初めてという場合は何を意識すればいいのか分からないという声も多いですが、お客様を満足させる心が大切です。

儲かるゴルフ場を開業するためにも、重要となるポイントをしっかりと押さえた上で開業の準備を行うようにしましょう。

Copyright© わたしのゴルフ 2021 All Rights Reserved.