ドライバーの飛距離を伸ばすには

 
  2020/10/30
ゴルフボールとアイアン

ドライバーの飛距離を伸ばすには色々な工夫をする事が重要です。
その様にする事で、飛距離を飛ばす事が楽々と出来る様になります。
今回のテーマとしまして、ドライバーの飛距離を伸ばす方法を詳しく解説していきたい思います。是非、飛距離を伸ばしたい方はこの記事をじっくりとチェックして下さいね。
その様にする事により、ドライバーの飛距離を伸ばす事に成功しますよ。
まずは、おさらいとしてバックスピンのかかる理論について解説してから、その後に、バックスピンに大切なポイントとなる内容を解説していきたいと思います。
是非とも参考程度にして下さいませ。

バックスピンとは?

バックスピンとは、簡単にご説明しますとボールの飛ぶ方向と逆回転する事を表します。
このバックスピンを利用する事により、ゴール手前でバックスピンをかける事により、ゴルフボールがゴールへ簡単に入る様になります。
ですので、このテクニックを覚える事は大変重要です。

バックスピンに必要な理論とは?

では、バックスピンに必要な理論を簡単にまとめてみました。

バックスピンに必要な簡単な理論

  1. 進行方向
  2. 風の流れ
  3. 掦力

これが、バックスピンの簡単な理論となっております。
この3点の理論を利用する事で、良いバックスピンを打つ事が可能になります。

バックスピンの種類とは?

バックスピン

これが、今回のテーマとして一番重要となっているスピンの種類です。

サイドスピン

その名の通り横に回転をかけたショットの打ち方をするのが、サイドスピンです。
サイドスピンは、障害物を避ける事が出来る効果が有ります。

サイドスピンのやり方

サイドスピンとは左に傾く様に設定し、右に傾く様に設定します。

  1. 横にスライドさせる様にしてクラブをボールに当てます。
  2. この時に左や右にずらしていく様にしてゴルフボールを打っていきます。

低いスピンの効いたアプローチ

  1. 体重の掛け具合は、左6、右4ぐらいに設定します。右手を維持したままインパクトします。
  2. ハンドファーストを維持したまま、インパクトしていきましょう。
  3. インパクト(打つ)

アプローチスピンの打ち方

ボールを高くあげて打つショットを表します。アドレス幅も先程よりも高く取る事がポイントです。

1.ロフトを58度に設定します。
ハンドファースト気味に構えます。
2.ボールは丁度センター、足は閉じていてもOKです。
3.足を開き、胸と腰にテイクバックをしっかり上げたらしっかりと打ち込む事が重要です。
ポイントとしては、手だけで押さえずにしっかりと胸ごとに打つイメージを作る事が重要です。

スピンコントロール重要なポイント

  • どの様なクラブを使用するか?
  • どの様なボールを使うか?
  • どんな打ち方をするか?
  • 風をどの様に利用するか?

腕のローテーションを大きく使う

腕のローションをよく使う

腕のローテーションとは、一体何の事なのか?と疑問をお持ちの方の為に詳しく解説していきたいと思います。
腕のローテーションとは、腕を回転させる動きの事を表します。
バックスイングとは、フェースが開く方向にダウンスイングします。
フェースが開く方向に、ダウンスイングとしてフェースが閉じる方向に回転される事を指します。
この腕のローケーションについてご説明したいと思います。腕を回転させる動きを表します。

体重移動を大きく使う

体重移動

ゴルフには、体重移動が非常に重要です。
その肝心な体重移動について詳しく解説していきたいと思います。
体重移動はゴルフのフォームよりしやすい体重移動の方法が多少違いますが、ここでは、基本的な体重移動についてご紹介したいと思います。

トップで右に乗りフィニッシュで左に乗る事が重要です。

ゴルフのスリングをする際には、トップで右に体重を移動させ、フィッシュで体重を左に移動させる事が重要とされています。
もう少し詳しく解説致しますと、まずアドレスとして左足と右足の体重を(5:5)にする事が重要です。
バックスイングとは、体重を右側に乗せていきます。
トップでは、左3:左7ぐらいのイメージにして下さい。
そして、切り返しとして(トップからダウンスイングへと移動する事が重要です。)
インパクトで再び左5:右:5が基本です。
バックスイングでは、体重を右側に乗せていきます。

体重移動に重要な事とは?

バランス体幹

ゴルフの体重移動には、正しいバランスが重要です。
そして、重要なのが骨盤を整える事です。
これは、一体何故なのか?詳しく解説したいと思います。

安定性Stability

一定を保った動きや動作などを意味します。
この安定性があるからこそ安心が出来ます。

可動性Mobility

関節を主に使う動作やストレッチなどに用いられる言葉です。
これが必要です。
特に、可動性Mobilityが大変重要とされています。
ゴルフでは、関節の部分では股関節部分を重要とされています。
股関節の動きが制限されてしまうのが、主な原因となるのが骨盤のゆがみです。
これを整えなければ、ゴルフで上手に球を打つ事が不可能となっております。
では、一体どの様にしてバランスを整えていくべきなのか?
について詳しく解説していきたいと思います。

右打ちでバランスが悪く悩んでいる場合

バックスイングを大きくする

バックスイング

バックスイングとは?

ゴルフのバックスイングを大きくする方法からご説明する前にまずは、バックスイングについて詳しく解説していきたいと思います。

バックスイングする方法とは?

バックスイングする方法は、少しゴルフクラブを後ろに引きます。
その時、後ろに下げた時に力を入れなくても勝手に下がる様子をバックスイングと呼んでおります。勝手に重心が入り勝手に後ろに下がる様子を感じるでしょう。
それが、バックスイングと呼んでおります。

バックスイングのコツとは?

ゴルフのバックスイングを大きくするコツは、出来るだけ胸と腕を一緒に振り上げる事が重要とされております。手で上げては絶対にNGです。
なる為に、出来るだけ胸と腕を一緒に振り上げる事が大切だとされております。手上げで振ると縦のワークが大きく振り上げます。

ボールのスピン量を減らす

ボールのスピンの量

まずは、ボールのスピン量を減らす方法をご紹介する前にボールのスピン量についてご説明したいと思います。

ボールのスピン量とは?

ボールを打った際に、ボールの進行方向とは逆向きに回転します。この回転の様子をバックスピンと呼んでおります。
ドライバーが走行距離を伸ばしたいと悩んでいる時にはまずは、ボールのスピン量を減らす工夫をする事が重要です。
ボールのスピン量を減らす事について詳しく解説していきたいと思います。
スピンの量を減らすには、ドローンボールをかける方法がお勧めです。
回転の量を減らす為に、回転とはゴルフクラブとボールが当たる摩擦により変化します。
その摩擦を調節してあげる事で回転を減らせます。
では、ボールの回転を減らす方法について解説していきたいと思います。
回転が多くなってしまう動きは、ボール状に直線の動きではなく、大ぶりに左に開いたり、右に開いたりする事で回転数が大きくなります。
その為に、スピンの量を減らす為には直角にボールを当てる事が重要とされております。
ですので、これをしっかりと意識してボールにクラブを当てて下さい。

  1. フェィスを閉じて、スピンの量を減らす事を心がける
  2. ハンドファーストにしてスピンの量を減らす。

バックスピンを上手にコントロールする方法とは?

バックスピンのコントロール

バックスピンの量が少なければ、上手にコントロールする事は不可能です。
ですので、バックスピンの量は多くても少なくてもダメと言う結果に致します。
その為に、バックスピンの量をコントロールする事が必要不可欠と言われております。
では、その方法について詳しく解説していきたいと思います。
上手くコントロールする為には、メカニズムを知る事が重要とされております。

バックスピンはボールの性能で決定する

バックスピンのボール

バックスピンとは?

ボールの飛ぶ方向とは逆方向にかかる回転(スピン)する事を表します。
バックスピンは、ゴールの直前にバックスピンを出す事が出来たら上手くボールがゴールに入りやすい効果を表します。
では、一体何故?ボールの性能で決定するのか?について詳しく解説していきたいと思います。

ゴルフボールには、色々なメーカーのタイプが有ります。
ゴルフのボールの種類として代表的なタイプでスピン系とディスタンス系の2種類に分かれます。
ゴルフボールの性能に寄って、色々な機能が有ります。
その機能により、適したショットが打てる様になります。
では、バックスピンに必要な性能を解説していきたいと思います。

バックスピン必要な性能

  • スピン系ボールはカバーが柔らかくウェッジの溝が柔らかく、スピンが沢山かかるボールです。これは初心者に特にお勧めです。
  • ボールの性能低スピンを活かした方法でゴールします。これは、上級者にお勧めボールです。
  • コア
  • ミット
  • カバー

この3層に分かれております。

スピン系ボールはカバーが柔らかく、ウェッジの溝に入り込むので、スピンがたくさんかかるボールです。 スピンがかかる分、ピンをデッドに狙うことや、アプローチでボールを止めることなどコントロールショットがしやすいボールです。一方ディスタンス系ボールはコアが柔らかいのでボールが潰れやすい分、スピン量が減り飛ぶ構造になっています。 自分の力とゴルフクラブでボールを叩いて飛ばすのではなく、ボールの性能を利用して簡単に飛ばすことができるボールです。

スピン系お勧めのボール

テーラーメイドゴルフ


テーラーメイドゴルフ ボール

SRIXON


スリクソンボール

ハイコストパフォーマンスボール


スリクソンボール

ディスタンス系お勧めのボール

テーラメイドディスタンス系ボール
テーラーメイドディスタンス系ボール2

この様なボールのお勧めの種類をご紹介してきましたが、バックスピンを上手く利用するには、ボールを変えてあげる事も非常に重要です。
そして、回転を減らしたい時や増やしたい時により、ボールを変化させていく事で又調節も可能です。購入の際には、自分の目的に合わせたボールの購入をお勧め致します。

バックスピンが少なくて悩んでいる方

バックスピンできず悩み二人組

理想的なバックスピンの量は、理想的なバックスピン量として2000回転から2500回転が望ましいとされています。これを大いに下回ると、逆に上回ると、ボールの距離が伸びません。
では、ヘッドスピンはどの様に打つのか?について解説していきたいと思います。

ヘッドスピン

身体の回転でボールを打つ事が重要とされています。
リストを使わずに体を使ってボールを打つ意識をする事が重要です。
リストとは?ゴルフでリストとは別名リストターンとも呼ばれております。
では、一体リストターンはどの様な打ち方なのか?詳しく解説していきたいと思います。

ゴルフでボールを打つ直前に、手首だけに注目するとゴルフクラブを持つ瞬間が有ると思いますが、スピン量の増やす方法には3つポイントを解説していきたいと思います。
では、この種類について詳しく解説していきたいと思います。

スピン系のボールに変更

ボールをノーマルのボールにしている方はスピン系のボールに変更する事をお勧め致します。

イントゥインのスイング

体を使って左肩を深く入れる事がお勧めです。
右手1本で素振りを練習してみて下さい。

重心の高いクラブに変更

思い重心のクラブに変更する事がお勧めです。
重心の高さと重心深度と重心の距離で判断します。
重心の思いクラブに変更する事で、球にしっかりと当たるのでボールが良く飛びやすく、伸びやすくなるのでお勧めです。

これが、ポイントとなる3種類です。
その為には、このポイントの3種類を守る他に、練習として専用の器具を使用します。

  • ボールを叩くとスピンが増える
  • クラブでスピンの量を増やす
  • ボールを変えてみる

バックスピンは風にも大きな影響を受ける事が分かった

風の影響

風の強さと飛距離の関係

風の強さと飛距離の関係に密接に関係しております。
実は、ゴルフは風の計算をしてどんなショットをするか?でゴルフの球を上手に飛ばす事が、可能になります。これは、バックスピンの際にも風を上手くコントロールする必要が
有ります。

風の特徴として、風は自由気ままに吹き荒れます。
その為に、風の強い日があったり弱い日があったりします。
そして、風にも種類が有り、ゴルフの専門用語として、向かい風アンゲストの風追い風フォローの風がと呼ばれる風の種類が有ります。
この知識を知り、風が強い時と弱い時でゴルフを打つ対応を変化させて、そして、向かい風、アンゲストの風、追い風、フォローの風に対応していける様に努力します。

風の影響を小さくしたい場合にはスピンの量を抑える

では、どの様にするべきなのか?について詳しく解説していきたいと思います。
・ダゥンブロウーにクラブを振り上げるのではなく、どちらかと言えば払う様にして球を打ちます。
・風の影響を受けがたい低い弾道の球を打つ様に心がける
・風を計算して、走行距離と狙う距離を見定めながらショットする
・風の力を最大限に利用する
これが、ポイントとなります。
風を測定して、上手くコントロールする方法をご紹介します。
まずは、風の状況を知る事が重要です。
風の強さを知るポイントをご紹介致します。
・体で風を感じる
純粋に体で風を感じる事が重要です。
・芝を散らす
芝を散らして風の方向をジャッジする。
・タバコの向きなどで分かる
この方法でジャッジする事が大切とされています。
・測定器を使用する

お勧めの測定器

風測定器の準備









ヘッドスピードを上げる

ヘッドスピードを上げる

インパクトの時、ボールを打つ時にクラブフェース面でボールが当たる時のスイングスピードの事を表します。
ヘッドスピードと速さと走行距離は比例します。
走行距離を出す為に、正しいスリングをする為にヘッドスピードを上げる事を表します。
では、このヘッドスピードを上げるというハイテクな腕ですが、どの様にしたら上達するのか?どの様な練習方法をしたら良いのか?について詳しく解説していきたいと思います。

ヘッドスピードの練習には専用の測定器とトレーニング器具を使用しよう!!

ヘッドスピードを上げる為に、初めにヘッドスピードの測定器を用意します。
そして、今の自分のスピードを測定する為に5回程度普段に、打ち込みます。
次に、トレーニング器具を使用して打ち込みます。
ヘッドスピードのトレーニング器具を使用する場合のお勧めとして、1SPEEDを使用する事がお勧めです。
では、測定器&トレーニング器具を使用した練習方法をご紹介していきたいと思います。

1.ボールの測定器を用意しましょう。

次に、ドレッシング器具のご用意も必須です。
トレーニング器具のお勧めをご紹介致します。


コントロールアイアン

測定器







おすすめ測定器03

2.では、まずは普通のクラブで練習してみましょう。

そしてトレーニング器具で、練習していきます。

3.打ち方は、基本のゴルフの打ち方で打つ事がお勧めです。

基本のゴルフの打ち方

  1. フェース面を開いて下さい。
  2. 体重を左足にかけて、クラブが当たる瞬間には包み込む様にしてあてて下さい。
  3. ファース面が開いて状態で包み込んでいく感じでOKです。

この様にして練習します。
バックスピンの初心者さんから上級者様までが出来る基本を解説致しましたが、他にも色々なスピン方法がございますので解説していきたいと思います。

まとめ

今回は、ドライバーの飛距離を伸ばす方法をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?
この様に、ドライバーの飛距離を伸ばす為には色々な方法を試す事が大切な事にご理解頂けたのでは、ないでしょうか?風を利用したり、体を大きく使ってみたり、スピンに挑戦する事により、ゴルフボールをチャンジする事によりドライバーの飛距離を伸ばす事が可能になります。その為の努力として知識や知恵をしっかりと付けて挑戦してみて下さい。
その様にする事で、ドライバーの飛距離を上手く飛ばす事が出来る様になりますよ。
貴方も是非トライしてみて下さいね。

Copyright© わたしのゴルフ 2020 All Rights Reserved.