ゴルフレッスンを受ける理由

 

あらゆるゴルファーの願いは、早く上手くなりたい!ということではないでしょうか。
特に初心者ゴルフファーは、少しでも早くコースに出て、スコア100を切って仲間と腕を競い合えるレベルになりたいですよね。
でも、どうすれば、早く効率的に上手くなるのでしょうか?
まず、思い浮かぶのはゴルフレッスンを受けるということではないでしょうか。独学よりもレッスンを受けた方が上達のスピードも早いことは明らかです。
でも、レッスン費用も結構かかるし、時間も取られると敬遠している方も多いようです。
確かにレッスンに向いている人といない人はありますし、レッスンを受けたからといって確実に上達するという保証はありません。効果は人によって違います。ただ、私の経験でも「スイングがきれいだなぁ」と思う人の話を聞いてみるとゴルフレッスンを受けた経験がある人がほとんどです。特にゴルフに関しては、レッスンを受けるメリットは大きいように思います。
今回は、ゴルフレッスンを受けるべき理由とそのメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

①変なスイングの癖がつかない

ゴルフの上達を妨げる最も大きな要因の一つが、スイングに変な癖がついてしまうことです。スイングでは、次のような動作の正しい理解ができていない時に、悪い癖がつくことがあります。
・グリップの握り方
・アドレスでの体の向き、足の方向
・ボールを置く位置
・トップでのシャフトの向き(クロスする)
・体重移動
・頭の位置(ヘッドアップ)
スイングには様々な要素があり、それらが正しい動きをしなければ、ナイスショットは生まれません。特に「グリップの握り方」は、まさにゴルフの基礎です。グリップが間違っているとその先のスイングをいくら矯正しても意味がないと言っても過言ではありません。また、「グリップの握り方」に変な癖がついて、固まってしまうとなかなか直せないのです。一度固まったグリップは、ほんの少し変えただけで身体中に違和感が駆け巡り、気持ち悪くなってしまいます。そして、ボールにちゃんと当たらないという不安がよぎるのです。そんな心理的効果もあって、修正点を指摘されたとしても矯正には大変な努力と時間が必要になります。
ましてや一人で練習していると慣れた変なスイングの癖から、正しいスイングにかえても、不安を感じますし、スイング軌道が変るのでボールに当たらなくなります。せっかく正しいスイングに変わったのに結果が伴わないので、また元の変なスイングに戻るということを繰り返してしまうのです。変なスイングでも、ある程度のショットは打てるので、それが正しいのでは?と思い違いをすることもしばしばです。そうして癖が定着することが上達の最大の妨げとなるのです。更なる上達を目指した時に、自分の癖が妨げになっていることに気が付いても一度定着した癖はなかなか治りません。変な癖を治すのに、膨大な練習量が必要になるのです。
アドレスでの体の向きや、ボールの位置の修正は簡単そうですが、一度慣れてしまった癖を少しでも変えると違和感が大きく、一人で矯正していくことはとても難しいのです。一度修正しても気持ち悪くて少しずつ元に戻ってしまう、ということを繰り返してしまいます。
アドレスの向き

正しいスイングを繰り返して、その動きを定着させることが上達の近道ですが、自分が正しいスイングをしているかどうかを判断することは簡単ではありません。特に初心者が独学でスイングする場合には正しくスイングできることの方が稀だといっても過言ではありません。必ず悪い癖がついてしまいます。その悪い癖を定着させてしまうことを防ぐためにも、ゴルフレッスンを受けることをおすすめします。

②1人ではないのでモチベーションが保ちやすい

ゴルフにおいてモチベーションを保つために需要なことは何でしょうか。
それは「目的・目標を明確に持つ」ということです。
まずは、ゴルフを通じて、自分が将来どうなりたいのか?と言う事を明確にすることが大切です。もちろん、それほど大それたことを考える必要はありません。目標は些細なことでもいいのです。
例えば、
「ゴルフで友達を作りたい、人脈を広げたい」
「長く続ける趣味にしたい」
「ストレス解消、息抜きの場したい」
こういったことも立派な目的、目標です。
また、目標の立て方としては、長期・中期・短期に区切って考えるとさらに具体的になります。可能な限り数字や期間を具体化すると、さらに良いです。
例えば、
「3ヶ月以内にコースデビュー」
「1年以内に100切り」
「80歳までゴルフを続ける」
といったことです。また、この目標は進捗状況などで修正、変更していくことも必要になります。こういった目的、目標設定がモチベーション維持には有効なのです。
しかし、自分一人で目的、目標を設定して維持していくのことは簡単ではありません。誰かに助言してもらったり、相談に乗ってもらえれば、目標を持ち続けていけそうです。ゴルフレッスンに通えば、その人の希望などを踏まえつつ、目標の設定についても、相談に乗ってもらえます。独自のしっかりした目標設定から成り立つカリキュラムを用意しているスクールもありますから、スクールのカリキュラムを進めていくこと自体がモチベーションになることもあります。

何事もそうでが、モチベーションが保たれないと上達はしません。ゴルフは本来楽しいものですから、楽しいと思いながら練習が続けることがモチベーション維持には大切です。練習で気持ちの良いショットをそれなりの頻度で打つことができて、上達を実感し続けられるとモチベーションは保つことができるでしょう。でも、一人で練習して全くナイスショットがでなくなったりすると、モチベーションも下がってしまいます。ゴルフレッスンでは、上手くいかない時にはレッスンプロが正しい方向を指し示してくれますので、改善の手ごたえも早く得ることができ、前向きにモチベーションを保ちながら練習を続けることができます。また、ゴルフレッスンでは一緒に練習しているレッスン生もいますので、その人とお互いに上達を競い合ったり、教え合ったりすることもできます。ゴルフ仲間とのコミュニケーションはゴルフ上達のための大きなモチベーションとなります。

③疑問点をコーチに聞いてすぐに解決できる

ゴルフコーチの指導
ゴルフレッスンは、レッスンプロから教えてもらえるので、迷うことも少なく練習に取り組むことが出来ます。そしてわからないことがあれば、すぐに質問することができることが大きなメリットです。
ゴルフレッスンでは、あなたのスイングを専門的に分析した上で、レッスンプロからの客観的アドバイスがあります。それを受けて実際に練習を繰り返すのですが、そこでいろいろな疑問がでてくると思います。疑問に思ったことはどんどん質問しましょう。
「アドバイス」→「実践」→「質問」→「解決」→「更なるアドバス」というサイクルが上達への理想的な近道です。

また、スイングなど技術面だけの質問だけでなく、ゴルフに関する他の質問をすることもできます。
例えば、
・自分に合ったゴルフクラブなど、道具について
・ゴルフのルールについて
・ラウンドのマナーなどの注意事項について
質問するタイミングは配慮が必要ですが、レッスンプロはゴルフについて深い知識がありますので、いろいろ聞いてみましょう。
疑問点をすぐに聞いて解決していくことこそ上達の近道です。高いレッスン料も払っているのですから、疑問に思うことがあればどんどん質問しましょう。

④初心者だから

レッスンに向いている人と、向いていない人というのはあると思いますが、初心者は向き不向きに関わらず、レッスンを受けるべきです。とにかく最初の段階でレッスンを受けたかどうかで上達のスピードが格段に違います。
スポーツの鉄則として、最初に正しい「基礎」を身につけると、その後の成長が格段に早くなることが知られています。基礎が大切なのは、スポーツだけでなく仕事や勉強など、全てのことに対して言えることですよね。「基礎」がしっかりしている人は強いのです。スクールに通うと、「基礎」からレッスンプロが教えてくれるので、経験が浅いほど効率的に成長できます。なんの知識もない状態から始めた方が、正しい「基礎」を身に付けやすいとも言われます、とにかく早い段階でゴルフレッスンを受けることをおすすめします。ゴルフレッスンをするのは早ければ早いほどいいし、やって損するものではありません。特にゴルフは一度変な癖がついてしまうと修正することが大変です。遠回りをして時間を無駄にしたくなければ、ゴルフレッスンに通いましょう。

ゴルフレッスンにもいろいろありますので、初心者の方におすすめのゴルフレッスンをご紹介しましょう。
レッスンを選ぶポイントとしては以下のことがあります。
・レッスンスタイル
・場所(屋外、屋内)
・金額、立地
レッスンスタイルは大きく分けてグループレッスンとマンツーマンのレッスンがあります。効率的に上達するのはマンツーマンですが、料金は高くなるので、あまりお金をかけたくない場合はグループレッスンでも問題ありません。場所には打ちっぱなしの練習場と屋内練習場があります。初心者の方には屋内練習場をオススメします。屋内練習場でレッスンをするゴルフスクールは、室内で短い距離にあるネットに向けてボールを打っていきます。200ヤード先をめがけて打つ屋外のほうが、ボールの飛び方も分かるのでいいのでは?と思うかもしれませんが、最初のうちはボールの行方を気にすることが上達の妨げになることがあります。自分のスイングの動きに集中する練習をすることが早い上達につながります。
レッスン料については、必ずしも高いから良いレッスンであるとは限りません。有名なコーチがいるかといって、遠くの通いにくい、高いレッスン料のところを選ぶより、最初は通いやすい立地を優先して選びましょう。
初心者限定のグループレッスンや、全くクラブを握ったことのない人から始められるカリキュラムを用意しているレッスンもありますので、自分に合いそうなものを選んでください。

⑤客観的に自分のスイングを見てもらえる

自分で、正しいスイングができているのかを判断することは簡単ではありません。最近はスマホなどを使用して自分のスイングを簡単に撮影して見ることができますが、そのスイングを見て問題点を発見することは、特に初心者では難しいです。ゴルフレッスンを受ければ、レッスンプロがあなたのスイングを客観的に分析してアドバイスをしてくれます。自分で撮影して一人であれこれ悩んで余計な時間をかけることなく的確なアドバイスがもらえるのです。
また、単に悪いところの指摘だけでなく、客観的に、実際の動きとその動きを矯正するための方法も客観的な視点から教えてもらえることもあります。例えば、野球の投球の際に右肘が落ちてることを修正したい思った選手が、右ひじを上げようと練習しても上手くいかなかったところ、コーチが投げる腕とは逆側の左腕を上げるようにアドバイスしたところ問題が解決したという話があります。右肘を上げるように意識していた場合は、無理矢理右肘を上げようとするあまり投球フォームが崩れてしまっていたのです。これは主観と客観のズレが生じていると言われる現象です。自分のスイングをある程度分析できたとしても正しく修正していくことは簡単ではありません。客観的な専門分析があってはじめて修正が可能になることも多くあるのです。

あらゆるスポーツに共通しますが、素直にアドバイスを受け入れる人の方が上達は早いです。基本的にはコーチを信頼して、アドバイスを聞き入れていきましょう。
ただし、指導方法や方向性には合う合わないはありますので、このコーチはどうも合わないと感じたら、別のコーチを探してみることも検討してください。

ゴルフスイングと夕日

まとめ

さて、いかがでしたか?
ゴルフを続けていきたいと思ったなら、ゴルフレッスンは是非とも受けた方がいいです。特に、初心者にとってはレッスンを受けるメリットが大きいことがおわかりいただけたのではないでしょうか。これからゴルフを始めようと思った方も、まずはゴルフレッスンを受けてみることをおすすめします。ゴルフは本当に楽しいスポーツです。長く楽しむためにもゴルフレッスンを活用してみてください。

Copyright© わたしのゴルフ 2021 All Rights Reserved.