2022/10/01

アプローチの練習方法をご説明!寄せに強くなってスコアを上げよう

 

 

これまで数回に分けて、アプローチの種類や打ち方について解説してきました。

今回はより実績的な内容として、アプローチの練習方法について説明していきます。

練習場で行う方法だけでなく、自宅でできる練習法お伝えしますので、少しずつ腕を磨いていきましょう。

 

目次

アプローチの練習の前の振り返り

練習場でのアプローチ練習の方法

自宅でのアプローチ練習の方法

まとめ

 

アプローチの練習の前の振り返り

 

練習を始める前に、前回の記事でアプローチショットの基本となる「チップショット」の打ち方のポイントを3つ解説しました。

 

アプローチの打ち方の基本をご紹介!アプローチをマスターしてスコアを縮めよう!

アドレス・ハンドファースト・頭の位置を固定したスイング、この3つのポイントをしっかりと頭に置いた上で練習していきましょう。

それでは、アプローチの練習方法について、シーン別に解説していきます。

それぞれの状況に合わせて押さえたいポイントもお伝えしますので、着実に身につけていきましょう。

 

練習場でのアプローチ練習の方法

 

 

練習場でアプローチショットの練習を行う場合は安定感を取得するためにまずは左足立ち、もしくは完全左足重心のみでスイングする方法で練習しましょう。

重心を安定させて、バランスをしっかり取れるようにすることが大切です。

まず左足だけで立ち、ボールは立っている足の真上にセット。

この状態で何球かショットしてみて、フラつかないように意識しましょう。

ここでフラつかずにバランスを保つことができるようにすることで、アプローチショットをブレずに打てるようになっていきます。

まだゴルフを始めたての方は、ティーを使って練習するのもいいでしょう。

クラブのフェースの芯でボールを当てる感覚を身につけることができます。

また、打ちっぱなしで練習する際は、1階の打席で練習しましょう。

アプローチの練習をする際には、キャリーとランの感覚を掴むことがとても大切です。

2階からだと、実際にラウンドした際のキャリーとランの感覚と異なってしまうので、1階の打席で練習し、自分が打った時のキャリーとランの感覚を把握できるようにしましょう。

 

自宅でのアプローチ練習の方法

 

 

アプローチショットは自宅でも練習が可能です。

ただ、自宅でやるとなると、「トップしたらどうしよう」、「家具にあたってしまわないかな」という気持ちになる方もいるかもしれません。

なので、自宅で練習する際は、実際のゴルフボールではなく、柔らかいボールなどをゴルフボールに見立てて練習しましょう。

練習用のスポンジボールなどを使うのもおすすめです。

柔らかいボールを使って練習マットの上でショット練習をすれば、フルショットをしてもあまり飛ばないので、十分室内で練習することが可能です。

また室内で練習するときはダフリで大きな音を出さないように注意しながら行うことになるため、良い意味でのプレッシャーがかかるのでよりアプローチショットの上達につながります。

また、自宅での練習は鏡を見ながら行えば、自分のスイングを確認することができます。

ハンドファーストになっているか、軸がぶれていないかなど、アプローチショットのポイントに注意しながら正しいフォームを身につけていけます。

 

まとめ

 

アプローチショットは場面別によって様々なショットを使い分けるので、ひとつひとつ着実に身につけていきましょう。

アプローチショットを確実なものにすることで、ゴルフスコアの上達につながりますし、ゴルフがもっと楽しいもにになるはずです。

自宅でできる練習方法も今回解説しましたので、隙間時間を使って練習するなど、地道な努力を重ねてアプローチショットを身につけて、寄せに強いゴルファーを目指していきましょう。



ゴルフレッスンはぜひ茅ヶ崎市のゴルフスクール「わたしのゴルフ茅ヶ崎店」へ
無料体験レッスン申込受付中!見学はいつでもご自由にどうぞ!
コストパフォーマンスNo.1!

★わたしのゴルフ茅ヶ崎店★

所在地:JR東海道線「茅ヶ崎駅」から徒歩1分
神奈川県茅ヶ崎市元町2−22 T.M.Wビルディング 1F


Copyright© わたしのゴルフ 2022 All Rights Reserved.