2023/11/09

冬のゴルフのラウンドの注意点!コースマネジメントのポイントをご紹介!

前回の冬のゴルフの注意点の記事では、気温などの外的要因についてのポイントを解説しました。

今回は、実際にラウンドを回っていく中での、コースマネジメントのポイントについて解説いたします!

コースを回る上でも気をつけるべきところがありますので、そこを押さえて、スコアを大きく崩さないように対策をしていきましょう!

 

目次

冬のゴルフのコースマネジメントのポイント

①常に体を温めておく

②向かい風に対抗しない

③ボギーオンしてもいいという余裕を持ってプレーする

まとめ

 

冬のゴルフのコースマネジメントのポイント

 

①常に体を温めておく

寒い時、人間は体の表面積を少なくして寒さを受ける面積を減らすために、体を縮こめるという性質があります。

体が縮こまってしまうと、当然ですがいいスイングはできませんよね。

冬のゴルフでいいスイングをするためには、常に体をあたためておきましょう。

前回の記事で解説したように、インナーを数枚着て動きやすい格好で、寒さ対策をするのも効果的ですが、カイロもとても有効です。

足首、手首、首元を温めると効果が大きいので、待っている間は常に温めておきましょう。

 

②向かい風に対抗しない

冬は気圧の関係で風が強くなります。

特に注意するのはアゲインストの時です。

アゲインストとは逆風(向かい風)のことで、スピンが大きいほど、向かい風に対抗してボールが上がってしまい、飛距離ダウンに繋がってしまいます。

向かい風の時は、風に対抗して飛ばそうとはせずに、低く打つことを心がけましょう。

いつもよりもティーを低くしたり、また、アイアンの場合で、いつもは9番アイアンを使っているシーンでは、8番や7番アイアンで短く持って打つことで、弾道を下げつつ同じくらいの飛距離を飛ばせるようになります。

バックスピンをかけすぎないようにすることもポイントです。

 

③ボギーオンしてもいいという余裕を持ってプレーする

冬のゴルフはとにかくいいスコアを出すことが難しいです。

なので、冬のゴルフで大切なことは、気持ちに余裕を持ってプレーすること。

ボギーオンしても大丈夫、という気持ちでプレーに臨みましょう。

無理をしない、ということがとても大切です。

いいスコアを出そうとすると、先ほどの向かい風の解説でもあったように、無理に風に対抗しようとしてしまったりします。

そうすると結果的にいいスコアにはつながりません。

ゴルフは自然環境からの影響を大きく受けます。

環境に合わせて、無理なく、ミスを減らしていけるようにすることが、結果いいスコアにつながりますので、気持ちの面でも余裕を持って、ミスを減らしていけるようなプレーを心がけましょう。

 

まとめ

冬のゴルフは困難なことがたくさんあります。

だからこそ、その場その場に合わせた準備や無理のないプレーが大事になってきます。

冬のコースマネジメントのポイントを押さえておけば、大きくスコアを崩すことはなくなるでしょう。

今回解説したポイントを押さえて、堅実なプレーができるようにしていきましょう。

ゴルフレッスンはぜひ神奈川県横浜市保土ヶ谷区のゴルフスクール「わたしのゴルフ保土ヶ谷店」へ
無料体験レッスン申込受付中!見学はいつでもご自由にどうぞ!
コストパフォーマンスNo.1!

★わたしのゴルフ保土ヶ谷店★

所在地:JR保土ヶ谷駅 徒歩3分
〒240-0013 神奈川県横浜市保土ヶ谷帷子町1-35-3 サンデュース保土ヶ谷1階

Copyright© わたしのゴルフ 2023 All Rights Reserved.

最短で当日体験可能!無料体験レッスン受付中