2023/11/22

ゴルフ上達の鍵は?スイング時の体の注意点を押さえよう!

ゴルフのスイングでよくあるミスの一例は、インパクト時に体が上がり過ぎることです。

飛距離を伸ばしたいとき、つい体が伸び上がりがちで、逆に飛距離が減少する可能性があります。

今回は、体が上がる原因をわかりやすく3つ解説します!

 

目次

①前傾姿勢のキープができていない

②正しいスイング軸でスイングできていない

③打ったボールの行方を追ってしまう

まとめ

 

①前傾姿勢のキープができていない

体がのび上がる最大の課題は「前傾姿勢のキープ」。

これは下半身の踏ん張り不足が主因です。

前傾姿勢は上半身だけでなく、テイクバックで右膝の力が抜けることでも崩れてしまいますので注意が必要です。

初心者にとって前傾姿勢の維持は難しいですが、自宅での壁を使った素振り練習が前傾姿勢の維持を身につけるのに効果的です。

自宅の壁に頭をつけたまま素振りをすることで、前傾姿勢のキープ感覚を養うことができますので、試してみてください。

 

②正しいスイング軸でスイングできていない

ゴルフスイングの理想は、切り返しからインパクトにかけて、左腰が主導で体が円滑に回転すること。

体の回転が正しくないと、左に腰が大きく動いてしまう「スウェー」が発生し、体重移動も崩れがちです。

これはスイングの軸がブレ、様々なミスを引き起こす可能性があります。

正しい回転を身につけるために、両足を揃え、狭いスタンスでのスイングがオススメです。

狭いスタンスで回転する感覚をつかみ、徐々に幅を広げていくことで体を回転させる感覚が掴みやすくなります。

ぜひ試してみてください。

 

③打ったボールの行方を追ってしまう

飛距離を伸ばしたい、正確な方向にボールを飛ばしたい…。

そんな気持ちが強いと、つい打ったボールを即座に追いかけてしまいます。

しかし、これが「ヘッドアップ」を引き起こし、状態伸び上がってしまう原因となります。

ヘッドアップの克服にはしっかりと練習が必要です。

このヘッドアップについては、焦点を当て次の記事で詳しく解説します。

まずは自分のスイングがヘッドアップになっていないか確認してみましょう。

 

まとめ

今回はスイング時の伸び上がりについて解説しました。

原因は技術的な要素だけでなく、意識や気持ちも影響します。

クセがなかなか治らない方は、ぜひわたしのゴルフ認定コーチに相談してみてください。

伸び上がりを改善し、ミスショットを減らし、ゴルフをより楽しむために一緒に頑張りましょう!

ゴルフレッスンはぜひ北区のゴルフスクール「わたしのゴルフ赤羽店」へ
無料体験レッスン申込受付中!見学はいつでもご自由にどうぞ!
コストパフォーマンスNo.1!
月額7,980円(税込)~習い放題のインドアゴルフスクール

★わたしのゴルフ赤羽店★

所在地:〒115-0055 東京都北区赤羽西1-7-1 パルロード3(イトーヨーカドーループ館)B1F

Copyright© わたしのゴルフ 2023 All Rights Reserved.

最短で当日体験可能!無料体験レッスン受付中