2021/07/03

100切りの極意

こんにちは。

わたしのゴルフ武蔵境店の保科です。

脱・初心者の目安とされているのが、100未満のスコアでラウンドすること、つまり「100切り」です。

長くゴルフをしていても、なかなか100を切れないゴルファーも多いと思います。

ゴルフ歴が長いのに上達していないのは、自己流で間違った練習やコースマネジメントをしているケースが多いからです。

100を切るために必要なことは飛距離を伸ばすことではなく、ボールを真っ直ぐ飛ばすためのスイングを身につけることが重要です。

どれだけ遠くへ飛ばせても、ボールの軌道が曲がっていれば、いつまでたってもカップには辿りつけません。

真っ直ぐボールを飛ばすためのスイング習得に重要なことは2つ

①腕と胴体をシンクロさせながらスイングする動きを身につけること。

腕だけで振ってボールを打つ「手打ち」状態ですと、スイングが安定せずボールを真っ直ぐ飛ばすことはできません。

店内にある鏡を使って、両腕とクラブが三角形になるように意識しながら、肘がしっかり伸びているか確認してみて下さい。スイング解析機をライブモードにすると鏡のように使うことができます。

無料で貸し出しのクロスグリップを使って練習するのも良いと思います。

②右利きの場合であれば、左手を鍛えること。

ゴルフのスイングにおいて、左手がボールの方向を決める舵取りの役割を果たしますので、左手主導のスイングを身に着けることが重要です。

右利きの方であれば、左手よりも右手の方が腕力や握力が強いと思いますので、ついつい右手主導のスイングになってしまいます。

通勤中は左手でかばんを持ったり、常日頃から左手を使う習慣を身につけて下さい。

インドアゴルフはスイング固めに最適な練習です。

ゴルフ練習場では、ついついストレス解消でドライバーを打ちたくなってしまします。

また飛距離や弾道に意識が向いてしまいがちです。

その点インドアゴルフは打ったボールの軌道が見えないので、スイングを固めることだけに集中できます。

ゴルフ練習場へは、ある程度ゴルフスイングが固まってから行くことをお勧め致します。

いざラウンドへ。

ラウンドで一番重要なことは、絶対に攻めないこと。

狙うゴルフは一切不要です。

バンカーやOBなどを避けながら守りのコースマネジメントに心がけましょう。

グリーン上のパットの1打目はカップを少しオーバーする位の感覚で打つ方が良いでしょう。

毎月定期的に開催しているコースレッスンでは、パットやコースマネジメントの仕方をレッスンしておりますので、是非ご参加下さい!

======================

わたしのゴルフ武蔵境店

180-0023

東京都武蔵野市境南町2-9-1

ビジネスセンター山口ビル地下1階

Tel : 0422-30-9720

Mail : musashisakai@watashino-golf.com

HP : https://watashino-golf.com/musashisakai

======================

 

 

 

 

Copyright© わたしのゴルフ 2021 All Rights Reserved.